バナー
TOP > 中古一戸建て物件では明るさや化学物質の確認をしよう

中古一戸建て物件では明るさや化学物質の確認をしよう

夢のマイホームを手に入れたいときに、費用の面などを検討して中古の一戸建てを選択する場合があると思います。


中古一戸建てのほうが新築と比較したときに、立地条件の良いエリアに住みやすくなったり、同じ予算であっても広い間取りの住宅を選択できるようになるなどのメリットがあります。
一方で住宅の劣化などの部分で、確認しておくべき事項もあります。

大津市の新築一戸建て情報が様々な条件で検索可能です。

一戸建て住宅を購入するときには、明るさや化学物質などによる体調面への影響を気にしている人もいると思います。

住宅については、窓の大きさや部屋の明るさは実際に見てみなければ、図面からではイメージしにくいと言えます。
実際の住宅では近隣の住宅も存在していることから、隣との距離や住宅の高さ、庭木、方角などによる影響を受けます。

住宅そのものが明るいと開放感を感じることができますので、精神的な意味合いにおいても安らげる空間となります。



窓の確認については、太陽光が入ってくるかどうかや、プライバシーの面においてカーテンを閉めておかなければならないのかどうかなどのポイントを確認しておくと良いでしょう。

室内の化学物質によって、喉や目の痛み、吐き気や頭痛などの症状が現れる場合があります。



これらの症状のことをシックハウス症候群と呼んでいますが、断熱材や接着剤、合板フローリングに含まれている物質が主な原因となります。

中古の一戸建て物件の場合には、住宅が建設されてから5年ほど経過していれば化学物質は抜けてしまうと言われていますので安心できると考えられますが、家具など発散されることもありますので注意しておくと良いでしょう。