音楽専門学校の入試では面接が行われる

音楽専門学校に入るときも、普通の大学と同じように入試があります。

入学試験の内容は、各音楽専門学校によって異なっていますが、面接が実施される学校が多いです。面接の他には、書類審査や適性テストなどが行われます。適性テストの内容は一般教養で、マークシート方式の学校が多くなっています。ピアノのような楽器を学ぶコースだったら、実技の試験が行われます。実技だけではなく、面接や適性テストも行われます。音楽専門学校の中には入試はなくて、書類選考だけで入学が決まる学校もあります。数はやや少ないですが、作文の試験が行われる学校もあります。

どの学校でも面接が行われるので、面接対策に力を入れることが音楽専門学校の合格につながります。面接では、自己紹介の時間があります。自己紹介の時はなるべく音楽に関係のあることを言った方が良いでしょう。例えば、ピアノを習っている方だったら、習っている期間や自分のレパートリーについて話すようにします。

自分の長所や短所について聞かれることもあります。その場で聞かれてもすぐには答えられないので、あらかじめ自分の長所や短所についてまとめて、話せるようにしておきましょう。その学校を志望した理由は必ず聞かれます。それをうまく答えられたら、面接は成功だと言えます。自分の将来のことを考えて、将来に役立つことを学ぶためという理由は説得力があります。音楽が好きだと言う理由も悪くはないのですが、やや漠然としています。好きなことを将来どう形にするか話すようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *