音楽専門学校の就職先

音楽専門学校は、大手楽器メーカーや大手音楽教室系のものが一般的ですが、就職先が限られており、将来の仕事に必ずしも結び付けようとしないで進学することも必要です。

音楽専門学校は、美術専門学校と同様に、一般的には趣味の領域とされることへの専門教育であり、その分野における専門家の需要が極めて少ないという現実があります。仕事としては、お習い事の講師が挙げられますが、雇用は不安定もしくは極めて低賃金という実態があり、他に収入の手段があって、趣味としておこなうものと考えておいたほうが無難です。親からの援助、もしくは親との同居などで、自活する必要がない場合は別として、その職は、他へ向かうための一時的なステップと考えたほうがよさそうです。

しかし、音楽専門学校は、好きな分野を学び、知識を深め、才能も伸ばし、講師としての資格も取れるというメリットがあります。収入を得る手段、自活への道と考えなければ、豊かな学びの場であり、知識教養を深めるにはたいへん良好な環境です。好きなもの、学びたいことが何もなく、漠然と進学する場合が大半であることから考えた場合、目的意識もしっかりしており、向学心も向上心もある学生が集まっているため、良い時期を過ごせる場だと言えるでしょう。

たとえ自活のために、他の分野に進んだとしても、一生の教養が身につきますから、何ら無駄にはなりません。就職とは結びつきづらい面はありますが、有意義な時間が過ごせる場であることに間違いはないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *