ダンススクールを開業するなら

ダンスを極めた人が、自分の技術を誰かに伝えたいと考えても不思議ではありません。

しかしだからといってすぐにダンススクールを開業できるわけではありません。そこで最低限知っておきたいことを、頭にいれておきたいものです。まずやらなければいけないのが、しかるべきところに申請して許可を取るということです。社交ダンス場などは、風営法に順守する必要があるのです。それ以外にも講師を雇うなら、ダンス教師の資格を持っていなければいけない場合があるのです。それからダンススクールに使うスタジオですが、防音になっているのが望ましいです。

周りが騒がしくて多少音がしても迷惑にならないなら、それほど気にする必要はないかもしれません。ただほとんどの場合は、防音設備が整っていないと周辺住人から苦情が来て、すぐにダンススクールが閉鎖に追い込まれてしまいます。他にもダンスをすると階下に振動が伝わります。加えて数十人の生徒が一斉に踊ることによって、床を破損する恐れがあります。

危険を回避するためにも、振動を防止するのと同時に補強されているところを選びましょう。そして受講者が集まるかどうかは、ダンスを教える技術だけではないです。女性の場合は安全な場所に建っているのかどうかを重要視します。人通りが少ないところだと、夜遅くに帰るのが怖いので避けられます。その点で言えば、多少家賃が高くなったとしても駅に近い、夜遅くでも人通りが多いところを選ぶと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *