バナー
TOP > 郊外の一戸建てを選ぶなら通勤時間を調査すべき

郊外の一戸建てを選ぶなら通勤時間を調査すべき

一戸建ては、比較的郊外で分譲されることが多く、通勤の足が気になる人が多いでしょう。


いくらバスがあると言っても、毎日のことですから、ダイヤが乱れやすいバスに頼り切るのは不安です。

しかし都心では車通勤ができる会社はほとんどありません。

大津市の土地について興味がある方にオススメのサイトです。

駅に駐車場を借りるとしても、駐車場代は自腹になります。

理想の住まいである一戸建ても、いざ購入するとなると、このような問題を避けては通れません。
バスはさておき、電車の時間も注意しなければなりません。広告等で、〇〇駅まで何分、などと書かれているのは、すべて一番空いている時間帯の、一番停車駅が少ない電車に乗ったことを前提にしていることがほとんどです。

20分と書いていても、実際には倍以上かかることがあります。

また駅に到着するまでの所要時間であり、ホームから改札を出る時間は含まれていません。


こうなると、バスは使わず、駅までは家族に送り迎えしてもらうから大丈夫、と安心してはいられません。

一戸建てを購入してから、こんなはずではなかった、と後悔しないためにも、何度か実際に通勤ルートを調査してみることをお勧めします。
1日有休を取って、通勤時間帯にバスと電車を乗り継いでみると、正確な所要時間を知ることができるでしょう。

高い買物のはずですが、そこまでする人はほとんどいません。

広告や営業マンの言うことを信じ切っているのでしょう。



車通勤の人は、さらに慎重な調査が必要です。



道路は時間帯と曜日によって混雑状況が一変します。
通勤時間の道路状況を必ず確認をしておきましょう。